ガウスの法則の立体模型

立体模型を使って、電場の積分が楽になる方法を考えさせる。

 

【キーワード】


電場、ガウスの法則

 

【目的】


直線上や平面上に一様に帯電した電荷による電場を理解する。

 

【用意するもの】


材料 個数 備考
自作した立体模型 1つ 学生の受講人数に合わせて、1〜3個の模型を製作する。

 

【実験手順】


模型を箱などに入れて回覧し、学生に磁場の方向を確認させる。

 

【教員による説明】


図1の模型では、電気力線は囲った円筒の側面を貫くことを説明する。図2の模型では、電気力線は囲った円筒の上面と底面を貫くことを説明する。


図1.直線上に帯電した物体の周り電界を表した立体模型。赤色で示した箇所が帯電している。


図2.平面上に帯電した物体の周りの電界を表した立体模型。赤色で示した箇所が帯電している。

 

【記事作成者】


三浦 裕一(名古屋大学理学研究科)

Last modified: Monday, 12 May 2014, 9:13 AM